寝ころんでみる空

空をみるためには2つの方法がある。
1つは立ったまま首をあげて上をみる方法。

もう1つはごろんと寝ころんでみる方法だ。

どちらも同じ空なのに寝ころんでみる空は一段とキレイにみえる。
何でだろう?


先日夕暮れ時、広い芝生の公園で寝ころんでみた。
日々の雑踏をかきけしてくれるようで心が洗われた。

この爽快感はなかなかのものだった。

しばらくぼんやりと空を眺める。
癒されるなぁ。


さぁ帰ろうと腰を上げたら背中が冷たかった。
そういえば昨日は雨だった...
敷物は持っていった方がいいね。

まさおと少しゆかいな仲間たち

画家・まさお(兵藤正史)のイラストの展示やオリジナルグッズの販売・日々のつぶやきなどのホームページ