カテゴリー別アーカイブ: 独り言

接客

先日クリスマスプレゼントを買いに
とあるジュエリーショップに行った。
こういうお店では決まって女性の店員さんが寄ってきて、
「何かお探しですか?」と聞かれる。
これこれこういうものを探していると伝える。
ここまでは他のお店と変わらない普通のやり取りだったが、
その後からの接客がとても素晴らしく感動した。
それはお客の立場に立って、一緒に商品を選んでくれたことだ。
一見普通のことだが、なかなかむずかしいことだ。
また一つ一つの声かけにしても、相手の立場を考えた
気遣いのある言葉かけだった。
閉店時間が気になり時計に目をやると
「まだまだ大丈夫なのでじっくり選んでください」
と笑顔で言ってくれる。
そのおかげで大変気分よく買い物ができた。
接客サービスとはこのようなことだと
勉強させられた1日だった。
プレゼント イラスト 兵藤正史

あじ

味のあるものが好きだ。
もちろん食べておいしいものも大好きだが「風情」とか「情緒」など
それがもっている雰囲気が溢れている「モノ」には大変興味を引かれる。
年を重ねた古いものであったり、ざっくりとした素材感が感じられるものなど。
バイクでいうと「Vespa」とかかっこいいなぁと思う。
今年から持ち歩いている、ミドリのトラベラーズノートという手帳は
最近ではとてもお気に入りだ。
理屈では説明がつかないけれど、それを見たり触れたりするだけで
ワクワクするような感覚を持てるモノっていいなと思う。
味があるもの・独特の雰囲気をもっているものは日常の生活を
豊かにしてくれる。
絵でいうと味ってなんだろう?
誰にもまねできないその人にしか描けない唯一の作品。
規則やマニュアルに縛られない自由な作品。
人によって見方は違うと思うけど
構図の良し悪しやうまい・へたは抜きにして
味のある絵を描けるようになりたいと思う。
イラスト 味 兵藤正史

シンプルライフ!

シンプルに暮らすことっていいなと思う。
断捨離という言葉が有名だけど
身の回りを見渡してほんとに必要なものって
実は少なかったりする。
何かのときのためにとっておこうとか考えているうちに
部屋の中がいっぱいになって身動きが取れなくなってしまう。
頭の中も同じで複雑になればなるほど訳が分からなくなり
考えがまとまらない。
そういうときは
やはり「捨てる」ことがいい。
余計なことを考えなくて済む分身軽になれ
心にゆとりができる。そして新しいものや新鮮な
アイデアも入ってくる。といういい流れが作れる。
断捨離イラスト
今は6畳ほどのアトリエで制作をしているが
極力必要なものに絞ったものを持つようにしている。
今年に入ってから少しずつ実践していることだけど
とても効率がいい。
今後も実践していこうと思う。
・・・しかし作品は描けば描くほどたまっていくのである・・・まさお